忍者ブログ
Admin*Write*Comment
新・無限星への手紙
ジャニーズ(主に関ジャニ∞)とジャニヲタに愛ある毒吐きまくりブログ。
赤字注意書きのある猛毒劇辛記事は自己責任でお読みください(クレーム受付しません)。
※このブログのタイトル及び記事すべての著作権は、管理人茶々にあります。
転載希望の方は実行される前にご報告下さい。(URL明記での引用、通常リンクはご自由に♪) 

◆お知らせ◆メルマガ最終発行日:2011/10/9 1:35
メルマガが届かない人でYahoo!メール、Hotmailなどのフリーメールを
ご利用の方は、問い合わせの前に迷惑メールフォルダをご確認ください。
★管理関係★

(PCのみ・08/4/10~)
★リンク集★
[430]  [429]  [428]  [427]  [470]  [426]  [425]  [424]  [423]  [421]  [420
関西ジャニーズJr 大阪松竹座 夏特別公演

読者さん(完全なるエイター)より感想レポートが届きました。
比較的茶々的目線で書かれてますので(書いたのは茶々ではありませんが)、それを踏まえた上でどうぞ♪

観覧場所は3階席4列目(3階席は6列しかありません。。w)
周りは完全な関ジュファンでした。(年齢層がやっぱり比較的低いですね)
 
舞台から始まるのかと思って、座っていると周りの子達はみんな手にペンラ・うちわを準備。
「舞台なんやからうちわなおせよ・・」なんて思ってると、いきなり暗くなり全員総立ち。
メンバー紹介をショー形式でスタート。
 
3,4曲歌ってました。(曲名はまったくわからず・・・)
 
Hey! Say! 7westと、B.A.D.を中心とした流れ。2階のバルコニーにB.A.D.登場、3階にBOYS登場。それを真横で見て泣いてる子多数・・
 
お客さんを煽った後、暗転し横山からのメッセージが流れる。
自分が原作を作ったこと、Jr.の成長、それをしっかりと見てくださいというような内容。
自分たちエイトもこの松竹座で育ててもらった、そこを後輩たちが同じように舞台を通して成長する姿を見てほしいとも言ってました。
(テープ音声なので、毎回同じことを言ってると思います。あんまり覚えてないので、あしからず・・)
 
全体的な舞台の感想として、エイトの初舞台よりしっかりした台詞回しをするJr.が多数。ただ、その差が激しすぎる。。
桐山、中間、浜中、濵田は比較的しっかりした演技を。桐山にいたってはごくせんのキャラと総かぶり。w
 
菊岡演じるケッペキと共にZ房に後から入ってきた桐山演じるリュウジは、沈みきって、自分の人生を諦めているメンバーと最初は衝突を繰り返す。
それからだんだんと仲間意識が芽生え協力しながらなんとか刑務所を出て、それぞれの夢をつかもう!的なよくある話なのに、
その段々と仲間意識が芽生える場面をもっと強く描くべきだったところを結構あっさりとすっ飛ばす。
刑務所所長・看守長と衝突を繰り返すシーンに重点を置く。(何で?)
衝突するときにはすでに仲良しな仲間になっていた。
 
更に、Z房と対立する位置にあるR房。この2グループの位置づけがあやふやな設定で、最初は対立しているのに最後にはいつの間にか助け合う仲間に変身。
(R房のメンバーはHey! Say! 7WEST。この演技は本当にひどかった。対局する位置にいるのにこの演技の差はひどい!)
濵田演じるトシローが無念の死をとげ、その復習に脱獄を試みるZ房。トシローの性格もあまりに大人しい、優等生な性格に何で刑務所にいるの?といいたくなるほど。
(トシローが死に至るまでの暴力シーンでは、そこいらじゅうですすり泣く声が・・・)
 
刑務所を監視する看守の新人に中田演じる佐久間。中田はもっとしっかりした演技をするのかと思っていただけに、せりふの棒読みが目立ったかな。
あと、実は潜入捜査官で、前々から管理体制に問題のあったこの刑務所に潜入しにきたという設定を最後の最後に暴露するも、その前に1人が死亡。
その時点で十分な事件性があるのにそれでも正体表さず。その後にも看守長や所長からの横暴な暴力にも、正体表さず・・・無理のある設定。
 
無理な設定といえば、中間演じるシュンもそうかな。武道に優れた優等生役。でも武道に優れた雰囲気は一切なく・・・
伊藤演じるカラスに至っては舞台に常に出ている役なのに、台詞がほとんどなく、存在感すら・・・途中忘れてしまってました。汗
室兄弟は、兄弟役で普段の感じをそのままに出しているのか違和感もなし。可もなく不可もなくといった感じ。
山碕はアホキャラなのか、話し方、振舞い方がゲイのよう・・・それを『かわいーーー!』とファンの子達はとっても喜んでました。
浜中は典型的な血の気の多い悪といった感じ。疎外感のある役かと思えばすぐにメンバーとも仲良くなってるあたりが、なぞ。
 
全体的にVeteranの扱いがひどい。。舞台にはずっと出ずっぱりのメインキャラなのに、主役はB.A.D.。伊藤の存在感のなさに愕然・・
もう少し構成をしっかり練った内容の舞台であればもっともっといいものが出来たんじゃないかと思った。
Jr.をなるべく出したいのはわかるけど、人数が多すぎるが故に内容が薄いものになったと感じた。
 
舞台終演後、また横山からのメッセージが流れる。
楽しんでいただけましたか?のようなメッセージで、その後の2部に続くように煽りを入れ、「ショータイムが始まるまで、5・4・3・・・」
といきなりカウントダウン。ファンの子達は大慌てでうちわとペンラを用意。
 
幕が開き2部スタート。
 
こちらも7West、BAD中心。Veteranのみの曲はなし。
踊りに関してはみんな一生懸命で、見ているこちらとしてはほのぼの。
もちろんすべて口パクなので、踊りが疎かになってるようでは・・と思ったけどそこはJr.必死にがんばってました。
MCはメインのVeteran,BAD,Boys,7Westが横一列に並び、中田・桐山を中心に話をする。(内容覚えてません・・・w)
次の曲に行く前に、室3兄弟でミニコント。兄弟好きなファンの子たちには大うけ。
 
アンコールなしの、合計2時間45分。かなりの長時間舞台。
初舞台にしてはよく出来た内容だったように思うけど、もう少し内容のあるものに仕上げてほしかったかな。

拍手[1回]

PR
※コメントはご自由にどうぞ。
(承認後に公開。「名前(HN)」でないコメントは非公表にします。)
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※「非公開希望」明記=シークレットモード
  • 無題
でめりん 2009/08/11(Tue)08:25:58 編集
2部はVeteranとB.A.DとBOYSでメインが日替わりのようです。
  • 無題
atuko 2009/08/11(Tue)12:44:26 編集
お~、茶々さんのレポはやっぱ読みやすいですvvv
待ってました~(*^^)v

登場人物にどうスポットを当てるか、ってとこで上からああしろこうしろと言われる場面が多かったようですね…
ベテラン<BADのように、お偉いさんのプッシュしたい人が目立つように直されていっていたみたいで、そのせいで内容が薄くなったなら残念だな…なんて(´`;
なんにせよ千秋楽までに上手く馴染んでいくといいですね^^
  • Re:無題
茶々 2009/08/11 12:52
私が書いたレポではないですよ~!
うちのブログ向けに書いてくれたのを掲載したのです。

書いてくれた読者様に感謝です!
関ジャニ∞関係・セールス予約
最新記事
  • Follow me!
茶々のつぶやきまとめブログフォロワーつぶやきまとめ
  • コメント・アーカイブ・RSS
[11/10 かな]
[09/21 ゆき]
[06/27 usya]
[06/26 みお]
[03/27 えりりん]
過去記事を探す
Copyright (c) 新・無限星への手紙 All Rights Reserved.

Graphics R-C free web graphics*material 工房たま素材館
忍者ブログ [PR]