忍者ブログ
Admin*Write*Comment
新・無限星への手紙
ジャニーズ(主に関ジャニ∞)とジャニヲタに愛ある毒吐きまくりブログ。
赤字注意書きのある猛毒劇辛記事は自己責任でお読みください(クレーム受付しません)。
※このブログのタイトル及び記事すべての著作権は、管理人茶々にあります。
転載希望の方は実行される前にご報告下さい。(URL明記での引用、通常リンクはご自由に♪) 

◆お知らせ◆メルマガ最終発行日:2011/10/9 1:35
メルマガが届かない人でYahoo!メール、Hotmailなどのフリーメールを
ご利用の方は、問い合わせの前に迷惑メールフォルダをご確認ください。
★管理関係★

(PCのみ・08/4/10~)
★リンク集★
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
私は、エイトが5人で動画メッセージを出してくれて、二度目の47コンをやるって聞いた時点で、腹が決まった。



物忘れが激しい私がいまだに忘れられないあの日。
2007年3月2月(訂正)初めての京セラコン。内の脱退が正式に発表になってから初めてのライブだった。

たしかオーラスのアンコールだったか。「ズッコケ男道」のリリース発表に引き気味にどよめいた(タイトルが微妙すぎて)エイター。これが一番のびっくりかと思って帰り支度を始めようとしたら、ステージの幕に音もなくエンドロールが映し出され、まずはGWからの横アリ、そして滋賀、三重、奈良・・・なんだこれ・・・・大分、長崎、新潟、和歌山!?・・・次から次へと映し出される地方会場名。なにこれ!!!ぎゃーーーー!と47コンが発表された。
ガチなドサ回り(地方巡業)の発表に度肝を抜かれた。

あの頃は、まだ仕事も少ないメンバーも多く、毎日のように1日2公演やって、すぐ次の街へ移動してを5ヶ月間も繰り返すことが状況的にも体力的にも可能だった。
私も当時はフリーライターになったばかりで通勤義務がなかったので、結構な数の会場を一緒にツアーして、楽しむだけなはずの私も結構大変だったのを覚えてる。

あれから12年。今じゃ関ジャニ∞を個人の仕事もたくさんあって、それなりに年齢も重ね、このタイミングで47コンを宣言したことに、私はエイターとして応えたいと心が震えた。



錦戸がシンプルな一言で脱退・退所の挨拶をして、メンバーへの言葉はまったくないし、もっと彼の言葉を聞きたいという意見もたくさん見かけたけれど、私は錦戸らしいなと思った。他のメンバーと違い、錦戸はグループのことを多く語ることは少なかった。錦戸としては、きっとこのツアーをやり遂げたことが残される5人への想いの表現だったんじゃないかな。
今後のことは行動で見せてくれるとわかってるから、後ろ髪引かれるような気持ちはもうない。

今となっては、錦戸の感情の浮き沈みはあれど、15周年のツアーをやり遂げてくれたことに感謝してる。このツアーはエイトの継続のためであり、噂を否定しないことで(個人的には)お別れの覚悟をしてライブ参戦できた。
メディアを通して何度もお別れの機会をくれて、メンバーとも円満にさよならしてた(でもライブで会えなかった事は後ろ髪がっつり引かれたけど)渋谷脱退の時とは違って、決意の上でやり切った錦戸に敬意を表して、割とさっぱりと見送れる感じです。


横山は、いつの間にか多くを語らなくなった。レコメンやってた頃は、何かあると横山の言葉を待つのがお約束だったよね。仕事の世界でもそうだけど、ポジションを譲ることが下を育てることにつながるってよくわかってるんじゃないかって思う。目立ちたい、カメラに映りたい!って頑張ってたのに、下の子たちをたてるように横でにこにこしてる横山の愛は偉大だと思ってる。

村上は、一番忙しいだろうし、正直ピンでやってけるだけの実力もあるというのに、最後のひとりになっても関ジャニ∞を続けるときっぱり言ったし、それを証明するかのように、一番体を張って楽しませようと全力で向かってきてくれる。それが面白いとかセンスがあるとかどうかは別として、そういう姿勢がエイターとグループへの愛を感じさせられて、すごく勇気付けられた。

丸山、脱退の公式発表以降、一番最初に「丸の大切な日」更新してくれたね(9/7土の1:46現在、今週のレンジャーの更新はなし)。エイトで一番気が弱くて、きっと今回の話し合いでも全員の気持ちに寄り添って、自分がどうしたいか迷って、強く主張できないでいたんじゃないかと思う。意思が強くて頑固だったり、言葉が巧みだったりする個性的なメンバーの中、こういう個性があることはひとつの貴重なバランスだと思う。

すごいね、安田は。もどかしく辛い日々はまだ続いてるのかもしれないけど、それを感じさせない、かつて以上のパフォーマンス。アイドルらしからぬルックスになってしまったけど、(大倉は誰がメインやるかの争いになるとか言ってたけど)センターを勤めるにふさわしいパワフルな求心力。メインボーカルを勤めた渋谷と錦戸がいなくなった分を十二分に背負って歌えるのは、安田しかいない。

大倉は立派なプロになったよね。最初の47コンの時は天真爛漫というかプロ意識がまだまだ低くて、ここでも赤字記事ナンバーワンだった。いつの間にかグループを代表して発言するぐらい頼もしい男になって。レコメンなき今、大倉のラジオが真実の声をダイレクトに聞ける唯一の場所になったね。自分だけ否定できなくてもどかしかったと言った大倉の言葉、すごく救われたよ。


やっぱり関ジャニ∞は、全員漏れなく、行動でしっかり見せてくれる。
ついてゆく理由は、これ以外にない。

拍手[12回]

PR

本日、錦戸の脱退・退所が発表になりました。

春にすっぱ抜かれてからずっと否定してくれない中、個人的には「15周年」だとお祭り気分でライブを観れず、もしかして最後かもしれないという気持ちで参戦してました。

錦戸の脱退か、退所になるのか、大倉も辞めるとか、解散とか、いろいろ言われてましたよね。
気づけばずっと緊張しっぱなしだったかも。
だから何が真実なのか、やっと発表になったことで少し気持ちが落ち着きました。
もちろん、錦戸の脱退にはがっくりしました。

ここから先、錦戸担にとっては、赤字記事になってるかもしれません。
続きを読まれる方はご注意ください。


拍手[17回]

チケット詐欺が巧妙になってます。

まさかこんなカラクリがあったなんて、まったく知りませんでしたし、私には思いつきませんでした。

掲示板とTwitterで定価+手数料で、「2018/11/18の関ジャニの京セラドーム」の譲るを見かけたAさん。2枚購入することになり、先払いを要求されました。

先方からは住所と名前、振込先を伝えられました。仮にこの人をBさんとします。

11/3(土)。

振り込む前に先払いで購入を決めたと私に話したAさん。私は先払いなんてロクなことにならないから、せめて半額を先払いに留めたら?と。そして海外在住で日本の銀行口座を持たないAさんのために、私が代行して半額の9340円をBさんの口座に振り込みました。

11/15(木)。

私の銀行から、Bさんより連絡先開示希望の連絡がきたとメールが。ひとまずは開示許可の返信をし、Aさんにその旨を連絡。するとBさんのTwitterは削除されており、メールにも返事がないとのこと。

詐欺にしては連絡先開示の要求してくるわけないし、一体何事か、、、

11/17(土)。

大阪へ向かおうと家を出る寸前に非通知の電話が。出てみると、相手はBだと名乗りました。

「ヤフオクでAmazonギフト券を落札されて9340円入金いただきましたか?」

なんの話かさっぱりでしたが、Bさんの名前は覚えていたので、「コンサートチケットを購入するためにあなたに9340円振り込みましたよね?」と聞き返しました。

Bさんは暗い声でため息をつき、「あなたもやっぱりそうでしたか...」と事情を説明してくれました。

Bさんの出品しているAmazonギフト券は、入金確認後すぐにメールで送れてしまう。

5名の落札者がいて、そのうち一件が落札後に提示額の半額でと交渉してきたが、交渉中にAさんの名前で9340円が振り込まれた。

・半端な金額でおかしいなと思いつつ、その分のギフト券を発行してしまう。

5名の落札者のうち、10月に落札した別の1人から自宅に内容証明が届き、わけもわからず電話で話すと、10/15の堂本光一主演舞台のチケット詐欺で訴えると言われた。

・ここでやっと自分が利用されたことに気づいたBさん。犯罪者扱いされてはかなわんと落札者全員になんとか連絡を取る。今ここ。

落札者のうち4名はすべてチケット詐欺だったそうです。

この仕組み、伝わったでしょうか?

Aさんが交渉して振り込んだBさんは個人情報と銀行口座を利用され、別のCという人物はAさんが振り込んだお金でBさんからギフト券を受け取ったということです。

Aさんからしたら犯人はBさんだと思いますよね?そして真犯人のCは、捨てアドを使えば一切足がつかないで逃げ果せるのです。

この巧妙な仕組み、騙される方も利用される方も泣き寝入りですよね。

こんな被害に遭わないためにできることはひとつだけ。

個人口座に先払いは絶対しないこと!

(どうせ先払いするならチケ流とか法人経由にすること!)

そもそも最近の「譲る」は、若年層を中心に定価で譲らない行為が横行していて、新しいファンの方々が古き良き「定価で直接会ってからお支払いして譲られる」ことを知らない事態になっています。

かつては空席を作らないための「譲る」であったはずなのに、悲しいですね。

譲られる側のモラルも、こういった事態を抑止するために必要な時代になっています。

これを読んだ皆さんが、定価で直接会っての受け渡しを当たり前と心得て、これからも楽しいライブ参戦ができますように。

この記事はぜひRTしてください。

拍手[14回]

あれから毎日の通勤時にエイトの全曲をランダム再生させてる。



それにはまだ関ジュ時代にテレビでやった曲の録音も含まれてて、おそらく過去20年分ぐらいになるのかも。
懐かしいのがいっぱい。
その中には、渋谷が主役の曲もいっぱいあって、近年演ることもなかったけど、7月からは可能性すら途絶えるんだなぁと切なくなる。



私が好きな曲の中に、渋谷ソロの『Everyday Music』、すばるBANDの『High Position』という曲がある。
DVD化されなかった2006年冬の関風コンと、2007年の初京セラドームでのライブで演った曲だった。(この時の新譜は全体的に楽曲レベルは高めだったけど、のちに音源化or DVD化されたのは『Explosion』と横山ソロの『Fantastic Music』だけだと思う)。
私は、その歌詞を書いたであろう渋谷らしさがすごく好きだった。
そしてその2曲を、肩の力を抜いて歌う渋谷が好きだった。
他にも好きな曲。
『Pray』、『海へ』。
『Pray』は元FiVEの中江川が作曲した曲。確か少クラが初めてで、その後はすば倉コンだったかな。

『海へ』は『プロ∞ペラ』の歌詞とアレンジを変えて2006年のAnother’s "ANOTHER"で劇中披露された。
ちなみに元FiVEは、事務所を離れた後、別名でバンドやってたけど、現在は飲食店経営してる模様。渋谷、遊びに行ったりしてるんだろうか?(行ってない気がするが)

またいつか演ってくれる日をずっと待っていたけど、もうその機会が訪れることはないし、渋谷以外が歌うことも、まあ、ないだろう。
上にあげた曲は、私の中で今の渋谷ともシンクロする。
特に『High Position』の


と、最後に歌詞でも引用していいこと書こうかと思ったら、ヘッドフォンからまたも懐かしい渋谷のソロ曲『サヨナラ』が流れてきた!だいぶ若い・・・思春期真っ盛りな歌詞・・・テンションあがって映像ないかとYoutube探したらあった!!!(違法ULのため、ここには掲載できませんが、「渋谷すばる サヨナラ」であっさり出ました。ついでに「Pray」も出てきたよ)


なんだか最後がグダグダになっちゃったけど、まぁ、書きたかったことは書けたのであげちゃおう。

拍手[11回]

渋谷すばる独立宣言から1週間とちょっと。

今日、仕事のあとに元SMAP担の友人が心配してきてくれて、一緒にDVDを観てくれた。

DVD観たいとは言ったものの、私はどれにするか選べなくて、友人に選んでもらった。
一度再生しただけの『JAM』。

発売したときに一度観ただけだった。
記憶力の悪い私はクリアに記憶しておらず、観ながらそうだった、こうだったと思い出していた。けれどなにより胸を締め付けたのが、ライブの端々で起こる出来事。ひとつひとつがまるで渋谷独立の伏線のようにしか思えなくて。

そのうち、これが渋谷が関ジャニ∞でいる最後のライブで、それをわかった上で観てるライブなんだって気持ちになってきた(その頃はまだ知らなかったけど、実際に渋谷がエイトでいる最後のライブになったが)。

つまり、これが卒業公演。
こういったら変かもしれないけど、疑似体験してるみたいだった。

このライブが終わったら、渋谷は独立していってしまう。
エイトが6人になる。
この渋谷のパートは誰が歌うんだろう。
この曲はきっと二度と生では聴けないんだろうな。
メンバーと交わす言葉とか。
歌詞に表現されたメッセージ。
7人のエイトの最後の瞬間まで、瞬きしないで見守りたい。
だから当然、涙で見えなくなるようなことにもならないように笑顔で見てる。

せつない気持ち。
くやしい気持ち。
走馬灯のように駆け巡る、ジュニア時代からのたくさんの思い出。

1週間ちょっと。
記者会見のあとの「すばラジ」や追加報道もあって、7人でのステージが実現しないことはわかったし、6人のエイトがそれを選んだということで納得もしている。

それでも自分の気持ちに整理がつくわけじゃない。
そんなときに観た『JAM』は、私の気持ちを複雑にさせたけど、渋谷とバイバイする準備をさせてくれたように思う。

自己に塗れて 淀んだ時間 そこから次のステージへ。

拍手[12回]

関ジャニ∞関係・セールス予約
最新記事
  • Follow me!
茶々のつぶやきまとめブログフォロワーつぶやきまとめ
  • コメント・アーカイブ・RSS
[11/10 かな]
[09/21 ゆき]
[06/27 usya]
[06/26 みお]
[03/27 えりりん]
過去記事を探す
Copyright (c) 新・無限星への手紙 All Rights Reserved.

Graphics R-C free web graphics*material 工房たま素材館
忍者ブログ [PR]