忍者ブログ
Admin*Write*Comment
新・無限星への手紙
ジャニーズ(主に関ジャニ∞)とジャニヲタに愛ある毒吐きまくりブログ。
赤字注意書きのある猛毒劇辛記事は自己責任でお読みください(クレーム受付しません)。
※このブログのタイトル及び記事すべての著作権は、管理人茶々にあります。
転載希望の方は実行される前にご報告下さい。(URL明記での引用、通常リンクはご自由に♪) 

◆お知らせ◆メルマガ最終発行日:2011/10/9 1:35
メルマガが届かない人でYahoo!メール、Hotmailなどのフリーメールを
ご利用の方は、問い合わせの前に迷惑メールフォルダをご確認ください。
★管理関係★

(PCのみ・08/4/10~)
★リンク集★
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
渋谷すばる独立宣言から1週間とちょっと。

今日、仕事のあとに元SMAP担の友人が心配してきてくれて、一緒にDVDを観てくれた。

DVD観たいとは言ったものの、私はどれにするか選べなくて、友人に選んでもらった。
一度再生しただけの『JAM』。

発売したときに一度観ただけだった。
記憶力の悪い私はクリアに記憶しておらず、観ながらそうだった、こうだったと思い出していた。けれどなにより胸を締め付けたのが、ライブの端々で起こる出来事。ひとつひとつがまるで渋谷独立の伏線のようにしか思えなくて。

そのうち、これが渋谷が関ジャニ∞でいる最後のライブで、それをわかった上で観てるライブなんだって気持ちになってきた(その頃はまだ知らなかったけど、実際に渋谷がエイトでいる最後のライブになったが)。

つまり、これが卒業公演。
こういったら変かもしれないけど、疑似体験してるみたいだった。

このライブが終わったら、渋谷は独立していってしまう。
エイトが6人になる。
この渋谷のパートは誰が歌うんだろう。
この曲はきっと二度と生では聴けないんだろうな。
メンバーと交わす言葉とか。
歌詞に表現されたメッセージ。
7人のエイトの最後の瞬間まで、瞬きしないで見守りたい。
だから当然、涙で見えなくなるようなことにもならないように笑顔で見てる。

せつない気持ち。
くやしい気持ち。
走馬灯のように駆け巡る、ジュニア時代からのたくさんの思い出。

1週間ちょっと。
記者会見のあとの「すばラジ」や追加報道もあって、7人でのステージが実現しないことはわかったし、6人のエイトがそれを選んだということで納得もしている。

それでも自分の気持ちに整理がつくわけじゃない。
そんなときに観た『JAM』は、私の気持ちを複雑にさせたけど、渋谷とバイバイする準備をさせてくれたように思う。

自己に塗れて 淀んだ時間 そこから次のステージへ。

拍手[8回]

PR
渋谷脱退の件、テレビでは全部を映してはくれなかったので、全文掲載していたAERAdotを何度も読み返していた。
<今後についての活動について>
 すでに発表されている5月30日に発売予定のベストアルバム「GR8EST」が7人体制最後のリリースになります。15周年のイベントは来年8月まで継続いたしますので、そのキックオフとなる夏のツアーから6人体制となり、渋谷の関ジャニ∞としての活動は、その開幕する前までとすることになりました。
引用:「ジャニーズ事務所が明らかにした経緯」として、AREAdotより

ああ。
退所は12/31だけど、関ジャニ∞が7人なのはツアー開幕前までと書いてある。

Infinity Recordsの方にもファミクラの名前でしっかりと書いてある、「7/15からは6人での活動」って。

だけどテレビの撮影はあるようだし・・・これもツアーまでの分の収録なのか。

じゃあ・・・本当にあの記者会見が、最後なのか。

もう、関ジャニ∞としての7人とライブで会えることはないのか・・・

認めない。そんなの認めない!


一つ前の記事の拍手コメントでいただいた「ライブビューイングでいいから、7人最後のステージが見たい」、私も同感です。


今でこそステージは減ったけど、エイトはファンと対面するステージで育ったと私は思ってる。
直接伝えてよ。
渋谷は歌で一番表現できるんでしょ?
言葉へたくそだと言うなら、エイトとして歌で伝えてよ。

お願い。

拍手[11回]

最後の更新が2014年8月。

何年も放置状態だったここに、こんなことで戻ってくることになるなんて、夢にも思わなかった。

2018年12月31日付けで、渋谷すばるが退所。

気持ちの整理をするために書くので、支離滅裂になると思います。

長いですが、下の「続き」よりどうぞ。

拍手[23回]

 
皆様、今年もよろしくお願い致します!

本日、仕事始めでした。
モロッコで年越ししてしまったせいか、まだ正月すら迎えてない気分なのですが…

昨日の夜、自宅へ帰り着き、カウコンやら紅白やら、そして今日のカヴァコレ(お知らせなければミスってた、危なかった)、そのあとのZeroで「今年の24時間テレビの司会は関ジャニ∞」のニュースを見ました。
カウコンにいなかったことは寂しさを感じましたが(関ジュ4人のデビューは喜ばしい限りだけど、あの場でどさくさ発表って埋もれてた感が否めなくて残念過ぎたかも)、毎日いっぱいエイトを見てる気がして、まるでヲタクに戻ったような気分です。そして再来週の大阪遠征の手配を開始しました。大阪には名古屋のモーニング的なものってないのかな??

ついでに言うと、モロッコへの飛行機の中、向こうでの就寝時、帰りの飛行機でも、iphoneに入ってたのがエイトのニューアルバムのみだったので、もう50回ぐらいリピート再生状態。
なんかすごくエイトが身近な感覚が戻ったような気がしています。

モロッコの写真とか、ちょこちょこ載せたりしようと(今は)思ってます。
今日は時差ぼけが辛いので、そろそろベッドへ入ろうかと。

大阪、楽しみです。

拍手[20回]

遅ればせながら、丸山隆平さんの30歳を祝いたいと思います。

丸山隆平さん、30歳の誕生日おめでとう~!

4人目の30代ですね。不思議と「大人になったなー」と感じることが一番ないのはなぜだろう?最近、細かな言動を見れていないから気づいていないだけかな?? ただひとつ言えるのは、仕事で結果を出せるようになってきたということ。ここが一番オトナ(もとい社会人)らしくなってきたということなのかも。
本当に停滞期が長くて、心配だった時期もありました。それが本人のせいなのか、事務所都合なのか、それとも家族関係のせいだったのか、真相は闇の中ですが。
それがこの数年で人脈も増えて、よいお仕事が舞い込んでくることが増えました。そのせいか、精神的にも安定してるように思えます。いいコンディションで30代に突入できてよかった! 今思えば、あの停滞期は必要なものだったのかもね。
エイトの中では、ずーっと定位置をキープしていて、その持ち味はこれからも変わらないんでしょう。上3人の30歳になった時を思い出すと、30歳になることへの違和感はなかったのですが、丸山は芸能人なのに、アイドルなのに、世間の30歳の男の子たちと同じような感じ…もう30なの!?信じられない!的な。うちの会社にもいます、それこそいーっぱいいます。きっとそれが今時の30歳、丸山が幼く頼りないわけではなく、ごくごく標準なんだと思います。
グループ向上意識は高いように見えないけれど、その場を精一杯楽しく!というモチベーションこそが次に繋がる原動力になるから、これまで通り戦略には乗っかって、アウトプット時に全部を出し切ることを続けて行ってほしいと思います。

拍手[18回]

関ジャニ∞関係・セールス予約
最新記事
  • Follow me!
茶々のつぶやきまとめブログフォロワーつぶやきまとめ
  • コメント・アーカイブ・RSS
[11/10 かな]
[09/21 ゆき]
[06/27 usya]
[06/26 みお]
[03/27 えりりん]
過去記事を探す
Copyright (c) 新・無限星への手紙 All Rights Reserved.

Graphics R-C free web graphics*material 工房たま素材館
忍者ブログ [PR]