忍者ブログ
Admin*Write*Comment
新・無限星への手紙
ジャニーズ(主に関ジャニ∞)とジャニヲタに愛ある毒吐きまくりブログ。
赤字注意書きのある猛毒劇辛記事は自己責任でお読みください(クレーム受付しません)。
※このブログのタイトル及び記事すべての著作権は、管理人茶々にあります。
転載希望の方は実行される前にご報告下さい。(URL明記での引用、通常リンクはご自由に♪) 

◆お知らせ◆メルマガ最終発行日:2011/10/9 1:35
メルマガが届かない人でYahoo!メール、Hotmailなどのフリーメールを
ご利用の方は、問い合わせの前に迷惑メールフォルダをご確認ください。
★管理関係★

(PCのみ・08/4/10~)
★リンク集★
[570]  [569]  [567]  [566]  [565]  [564]  [563]  [562]  [560]  [559]  [558
24TV、TOKIOに決まったようで。
絶対こないって!と、”絶対”なんて恐ろしい単語を用いて言い続けてきましたけど、予想通り・・・けどTOKIOは意外だったものの、エイトではなかったということで、個人的にはガッツポーズ。

と、いうのも、そんなのやってしまったら、ツアーが!
あたしは、ライブがいいんです!!!

戯言はこれぐらいにして、ツイッターで質問もらってたんですが、「なぜエイトに24TVがこないと思ってたのか?」の理由を書きたいと思います。

その前にメルマガの件。
あれ、やっぱりメルマガにして正解だったようです。
気持ち的には事務所批判に近いものだったんですが、やはり一時期うちでも激しい物議を醸し出した一部の大倉担のような人(日本語読解能力がなく、感情的に暴走する人)があちら側にもいたようで、お友達のKAT-TUN関係ブログにまで火の粉を撒き散らすことになってしまいました。
もしここに書いてたら・・・ぞぞっ。

そしてそして!
先ほどツイッターで、安田が国仲涼子ちゃんとゴルフデートをフォーカスされた(古いっ!)との情報が。聞けば昨夜から出回っていた情報とか。いやはやまったく知らなかった・・・
今後発展があるとしても、現段階ではお友達のような気がしてなりませんけど・・・

では、興味がある方は続きへどうぞ。

まず一要因をして、昨年の日テレでのECO番組の視聴率の悪さが挙げられます。
24TVなのか、ECO特番なのか、ヲタじゃなければ詳細に覚えてもないと思うのです。とにかく「あー、去年も長時間特番やってたよね」と思ってる人がいたらラッキーなぐらい、後評判にもあがらなかった残念な番組でした。

そしてなにより残念ながら関ジャニ∞ブランドは、まだ一般普及率が低く(グループとしての認知はあれど、個人は錦戸、横山ぐらいしか認知されていない)、グループとしてはまだまだ色モノとして見られていることも否定できない。

前にも書きましたけど、ジャニーズのグループは、個人活動が活発で、個人が認知されてこそ、グループとしての認識をされるようになるという(私の個人的な)定説があり、NEWS効果もあって錦戸は認知されているものの、横山の目立った個人活動・評価もごく最近のこと。大倉がドラマ主演や映画などで活躍はしているものの、「大倉忠義」というブランド自体はまだまだニッチ。ほかのメンバーに至っては、周知のとおり。

今回の安田@ゴルフデートも、これが錦戸だったら間違いなく「錦戸亮」というブランドを全面に出して利用したと思いますよ、週刊誌も。(つまり「安田章大」という名前より「関ジャニ」の名前の方がネームバリューがあったということ)

一応「大倉」の認知度に関して物申されそうなので書いておくと・・・大倉は上り調子で露出も多いから、認知されてる!とお思いの方も多いかと思いますが、これをジャニタレ以外に置き換えてみたら、テニスの王子様や戦隊モノで主役を張っていた若手男性俳優が、ドラマで主役やったりしてるのと同レベルだと思うのです。ヲタクだからこそ注目して見てるだけで、一般的には・・・大倉は、ジャニドラマ認識されないドラマ(最近の例だとジャニタレ不出演のドラマ、もしくはせめてコードブルー的なもの)にピンで出ないと伸び悩む気がしてなりません。

視聴率が振るわないジャニタレ出演ドラマが一般投票で上位にあがっても、それがジャニヲタ投票だということはヲタが思っている以上に一般認知されてることだったりします(同じ理由でananの好きな男性タレントもね)。

あれ。だいぶ話が逸れましたね。

Wikipeadiaによる歴代視聴率を考察すると、10%以下だった視聴率が15%平均値にのったのは、1992年のダウンタウンがメインパーソナリティだった時から。そこからは表を見ての通り、ジャニタレ起用の理由がよくわかります。(Wikipeadia:24時間テレビより)。
見れば特に説明の必要がないほど明確ですが、安定していた視聴率が昨年2%ダウンしており、(もしエイトの起用の話があったとしたら)リスクを冒すよりは、旬のタレントか安定化のあるタレント・・・旬なのは嵐ぐらい。なので日テレ「鉄腕DASH!」などで安定した人気を誇るTOKIOの採用となったのではないかと思われます。
KAT-TUNやNEWSの時は募金額も下回ってるしね・・・2000年前半のTOKIOや嵐は、今でいうエイトの位置づけぐらいだったんじゃないでしょうか。
やっぱり数字を見てると、とってもわかりやすいです。

ということで、来年、さ来年あたりの24時間テレビ出演を目指し、関ジャニ∞に個人活動の充実を!

ここから赤字記事です。
個人的見解を書いてますが、不快になる方もいるかもなので自己責任でどうぞ。


横山はこのまま突き進め!もう月9のサブも夢じゃない!

渋谷は歌に特化するなら、インパクト勝負でメディアを賑わせたらいい!例えば「入場料から経費を引いたものを難民救済に募金」として音楽関係の仲良しに声かけてチャリティーライブ。『関ジャニ∞の渋谷すばるが中心となり、彼の音楽仲間を一同に集結させた。ジャニーズ事務所のタレントが事務所外のアーティストを集めたチャリティーイベントを行なうのは今回が初となる。』なんてどうかな?
色モノグループのイメージ一新、チャリティー好き・記録好きの事務所的にもアツいでしょ。

村上は聞き上手の司会アシスタントから、もう少し発言できるように動くべき。地道に本や新聞で学んでる知識を言葉として吐き出せるようになれば、周りの扱いも大きく変わる気がする。

丸山、安田は個人的に繋がったジャニ以外の営業に力を注ぐべし!
特に安田はキャスティングに繋げられるレベルの役者と付き合いもできてることだろうし、もっと仕事にも生かすべき!丸山はとにかく課題が山積み。この数年で停滞してきたのを挽回していかないと!(この停滞期に水面下で彼が得たものがあるのなら、それを表に出してきてほしい・・・)
二人ともジャニドラマじゃ難しい子たちだと思うので・・・

錦戸は、言うことなし。しいて言うなれば、現場での態度、もっと好感度あげると更によし。

大倉は・・・仕事には恵まれてるけど、どうしたもんかねぇ。ソツなくこなす術は素晴らしいと思うんだけど、それ以上をどうやったら引き出せるんだろうか。いっそのこと天才ドラマー役(天才じゃないけど)なんてきたら最高だよね。大倉が一番キラキラしてる瞬間をぶつけさせてもらえたらいいかもしれない。なんなら私、脚本書きますけど・・・(爆)

拍手[84回]

PR
※コメントはご自由にどうぞ。
(承認後に公開。「名前(HN)」でないコメントは非公表にします。)
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※「非公開希望」明記=シークレットモード
  • 24時間テレビ
さや 2010/04/27(Tue)01:49:34 編集
私個人的には全く出て欲しくないのですが、当人達が望んでいるようですね…
去年色々と批判されていたので、ジャニーズでなくても良かったのでは?とすら思います。

アイドル市場の飽和も原因の1つかと思いますが、もっと売れてもおかしくないのに…
特にバラエティーでは使いやすいタレントじゃないかと…(今売り出し中のJOYさんと同様のポジションで!)

芸能界って本当にタイミングが大切なんですね~。
あんまりゆっくりしていると、上3人の年齢が!と無駄な心配をしてしまいます。笑

関ジャニ∞関係・セールス予約
最新記事
  • Follow me!
茶々のつぶやきまとめブログフォロワーつぶやきまとめ
  • コメント・アーカイブ・RSS
[11/10 かな]
[09/21 ゆき]
[06/27 usya]
[06/26 みお]
[03/27 えりりん]
過去記事を探す
Copyright (c) 新・無限星への手紙 All Rights Reserved.

Graphics R-C free web graphics*material 工房たま素材館
忍者ブログ [PR]