忍者ブログ
Admin*Write*Comment
新・無限星への手紙
ジャニーズ(主に関ジャニ∞)とジャニヲタに愛ある毒吐きまくりブログ。
赤字注意書きのある猛毒劇辛記事は自己責任でお読みください(クレーム受付しません)。
※このブログのタイトル及び記事すべての著作権は、管理人茶々にあります。
転載希望の方は実行される前にご報告下さい。(URL明記での引用、通常リンクはご自由に♪) 

◆お知らせ◆メルマガ最終発行日:2011/10/9 1:35
メルマガが届かない人でYahoo!メール、Hotmailなどのフリーメールを
ご利用の方は、問い合わせの前に迷惑メールフォルダをご確認ください。
★管理関係★

(PCのみ・08/4/10~)
★リンク集★
[94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83
先週の『ラスト・フレンズ』に続き、『おせん』もとうとう最終回を迎えましたね。
今日は久々のブログ更新ですが、ドラマについて語ってみようかと。
ついでに”役者”としての錦戸と内についても上から目線で書くので、苦手な方はご遠慮ください。
 
『ラスト・フレンズ』は・・・正直最後まで消化不良で終わったドラマでした。いいところはたくさんあったんだ。
斬新なテーマの作り方、役者の気合の入り方、それぞれの役の捉え方、なのに結局来週はどうなるの?って気になるような作りをし、視聴率を稼ぎ、結果、いろんなところが中途半端で終わってしまった。
期待させる作りの連続ドラマだったからこそ、期待はずれに終わってしまったことは非常に残念でした。
若手中心のドラマだったからベテランの大人たちの演技にうるっとさせられて、ハッと気づいたのは若手の演技力の力量・・・脚本でもっとキャラクターの心情を引き出せていれば違ったんでしょうけど、ルカ役の上野樹里は最初から底力がすごくて、役者に関してはそればかりが印象に残って終わりました。
私はこのドラマのテーマ性を深く考えすぎたから楽しめなかったのかもしれない。一つの娯楽として捉えてれば違ったのかもしれない。でも最終話を迎えた今更、残念ながら見方を変える事もできやしないです。
 
錦戸は話題性に富んだいい仕事に恵まれたと思います。来期で噂が立ってたツルモクも流れてしまったらしいけど、また作品に恵まれるでしょう。主役じゃなくても、台詞が少なくても、登場人物の一人としてその人格をきっちり演じきってくれればいいなぁ。っていうのは、正直まだまだ主役を張れる存在感には達してないと思うので。
 
『おせん』は、本当に好きなドラマになりました。一話完結という形でありながら、来週も見たいと魅き付けていくのは大変なことです。キャストのそれぞれが個性的で人間味に溢れた心がほっこりとするドラマでした。最終話があっさりと終わってしまい、ちょっと首を傾げたくなるところもありましたが(よっちゃんは一床庵に戻らずなのに、気軽に遊びに来てるだけ?一床庵は売却されず?水面下でYENPOOLの内部告発でもあって都市開発プロジェクトが棄却されたということ?)『ラスト・フレンズ』のようなインパクトがないドラマなのに、総合的な作りはなかなかよかったと思います。
 
内は、『ジャニーズの内博貴』でなく、『若手俳優の内博貴』として認識されるようになったんじゃないかと思う今回のドラマ。前回の『一瞬の風になれ』でジャニーズ色がすごかった分、今回の準主役、彼にとってはものすごいプラスになると思います。
もう少し知名度がついてくればゴールデンのドラマで主役につけるオーラはある。転生のタレント(直訳すると”才能”)が備わっている華のある子だから、芝居の実力以上にそこが強みかと(身長もあるしね)。

ぽちっとな♪★携帯用JBR★
※PCの方は右側のランキングバナーをぽち♪

・・・・・・・こっからオマケ・・・・・・・
 
今期のドラマは、テーマがしっかりしたものが多かったですよね。
私が見ていた(る)のは、『CHANGE!』、『Around 40』、『絶対、彼氏。』、『ごくせん3』、『Rookies』と上記2つなんですが、それぞれにインパクトのあるコピーがつけられますもんね。
『CHANGE!』→キムタクがいきなり総理大臣!?
『Around 40』→これまでなかった、三十路を過ぎ、40に差し掛かった等身大の女性のリアルライフ!
『絶対、彼氏。』→自分の理想で出来た恋人型ロボットって何!?
『ごくせん3』→あの『ごくせん』シリーズ第3弾!
『Rookies』→あの『ろくでなしブルース』の森田さんに書かれた大ベストセラー実写化!
『ラスト・フレンズ』→DV、性同一性障害、性的虐待、妊娠・・・悩める若者がシェアハウスに暮らし・・・(ってキーワードだけで流行の携帯小説みたいですけど)
 
上記だったら、どんなんだろーって思うところじゃないですか。
(そう思って見ちゃったんだけどさ)
 
『おせん』→原作は人気マンガ。老舗料亭を舞台に若いおかみが日本の伝統文化を繋ぐ物語・・・ってかんじですかね。
 
『おせん』もマンガの実写化ですが、原作の知名度もそこまででなく、ドラマのテーマ性もよくある料亭が舞台で・・・とやりつくした感があるじゃないですか。
珍しいことは一つもないゆえ、ここまでやれたら大健闘だと思うんですよねー。
 
・・・余談ですが、今、ECO特番を途中まで見たところです。
見ながら気づいたことをメモ書きしてってるので、もうじきここにお披露目できそうですが超長文です、そんなの読みたい人っていますか??

ぽちっとな♪★携帯用JBR★
※PCの方は右側のランキングバナーをぽち♪

拍手[0回]

PR
※コメントはご自由にどうぞ。
(承認後に公開。「名前(HN)」でないコメントは非公表にします。)
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※「非公開希望」明記=シークレットモード
  • ぜひとも!
hachi URL 2008/06/26(Thu)16:22:20 編集
eco番組の感想きかせてください!!

更新うきうきしながらまっていました(笑)
  • おせん
ジョー 2008/06/26(Thu)21:37:01 編集
おせんの終わり方って、ある意味でおせんという物語らしいかなって思います。
おせんさんが「味っていうのは舌と舌で受け継いでく、不確かなものだから」という言葉から、白黒はっきりさせることが目的じゃないってことなのかなと。
内藤さんが手を引いたのか、地元の人たちが頑張ったのか、あと少しの日々を楽しく過ごしているだけなのか、なんていろいろ想像できるお話の方が素敵だと思いますし。
まぁドラマではあんまり曖昧だと印象はよくないみたいですけどね(逃げっぽい感じがしちゃうから?)
毎回おせんさんの衣装が可愛くて&料理がおいしそうで、目を楽しませて頂けたので好きな作品でした♪♪

ecoのレポですか~。
超長文だろうが、読みますけどねww

あ、そういえば、今日特別編やりますね!消化不良の部分をやるんでしょうか??
ま、最終回すら見てないんですけどww
  • ラスフレ
美里 2008/06/27(Fri)00:20:49 編集
ドラマの感想読みました。今、ラストフレンズ特別編見たんですが微妙な感じがして…
演技はまぁ今までとは違う感じで新境地な感じだったのですが、終わり方が…
ミチルの性格が好きでないのもあるのですが、結局みんな自分勝手で、相手の意見を聞かずに自分の思いばかり主張してるように見えて…
あと、「人一人死んでるのにそんなあっさりいかないでしょ」と思えて…自殺って周りの人間へのダメージ大きいですから。
今期の作品は社会問題をテーマ多かったから、娯楽性は乏しかったかなぁ。
そんな厳しいこと言える立場ではないですけど
  • こんばんは
あこ 2008/06/27(Fri)01:33:35 編集
こんばんは、ラスフレ特別編、お仕事しながら観てました。
私はミチルの性格がどうにも我慢が出来ず、毎回いらついていたので、正しい見方が出来ていないのですが、なんとも最後は…。
ソウスケが死んだ事ですべてが浄化されてしまったかのような展開…。すべての悪(?)であるソウスケがいなくなって何もかもがサラサラと綺麗な方向に流れていくような…、彼の存在すらなかったかのような…。そして年を重ねた人間が行き着く先のような、性別、友情すべてを越えた新しい家族?ってのが、どうにもこの年令の子達がこれでいいの???って疑問が…。
ラスフレを大人が出てこないドラマと私はよんでいました(ちょっと前に社会現象みたいに流行ったアニメみたいなので)。しかもこれ見よがしな制作サイドの予告やスポットの作り方!いやらしー!
でもルカの演技力には引き込ました。そして、だれよりも恐ろしくて、怖い嫌な男が誰よりもいたいけで切なく可哀想な小鹿ちゃんに見えてしまうのはなぜ?!
すごいいっぱい書いちゃいました。しかも偉そうです、すみません。茶々様の感想楽しみにしています!
関ジャニ∞関係・セールス予約
最新記事
  • Follow me!
茶々のつぶやきまとめブログフォロワーつぶやきまとめ
  • コメント・アーカイブ・RSS
[11/10 かな]
[09/21 ゆき]
[06/27 usya]
[06/26 みお]
[03/27 えりりん]
過去記事を探す
Copyright (c) 新・無限星への手紙 All Rights Reserved.

Graphics R-C free web graphics*material 工房たま素材館
忍者ブログ [PR]