忍者ブログ
Admin*Write*Comment
新・無限星への手紙
ジャニーズ(主に関ジャニ∞)とジャニヲタに愛ある毒吐きまくりブログ。
赤字注意書きのある猛毒劇辛記事は自己責任でお読みください(クレーム受付しません)。
※このブログのタイトル及び記事すべての著作権は、管理人茶々にあります。
転載希望の方は実行される前にご報告下さい。(URL明記での引用、通常リンクはご自由に♪) 

◆お知らせ◆メルマガ最終発行日:2011/10/9 1:35
メルマガが届かない人でYahoo!メール、Hotmailなどのフリーメールを
ご利用の方は、問い合わせの前に迷惑メールフォルダをご確認ください。
★管理関係★

(PCのみ・08/4/10~)
★リンク集★
[888]  [887]  [886]  [885]  [884]  [883]  [882]  [881]  [880]  [878]  [877
丸山、お疲れ様!
本当にいいドラマでした。

丸山にしかできない役といっても過言じゃないくらい、自分のものにしてたと思えました。
どことなく丸山とかぶるところもあったから、余計に親近感が沸くのかな。
丸山ばかりを見ていて、横山が監守役で出てたのに気づかないほどだったよ。
(エンドロールで横山の名前を見て、もう一度見直しました・・・汗)
このドラマが丸山にぴったりすぎて、次にどんな姿を見せてくれるのか想像もつかないけど、丸山にとっては代表作になったことは間違いなく、これまで正確な名前も認知されていなかった層にも「丸山隆平」の名前をしっかり覚えてもらえる機会となったんじゃないかと思います。
ほんと、私がエイターであることを知らない友人たちが、丸山のことを話題にしてるのを何度聞いたことか!


Mステも、グアムでちょいちょいTwitter見てたら、歌詞間違えとかいろいろあったみたいですけど、普通に見てたらまったく気づかず、リピートした時に歌詞をガン見して気づきました。
他にも考察点があったのかな??私は今回に関してはただ楽しいMステ出演だったなぁとお気楽に見れました。

バンドで出演するのも、今後のために必要だと思ってましたけど、こうやって歌って踊ってるエイトはやっぱり楽しい。
今回は丸山がセンター、しかも本気のセンター。
見慣れないからくすぐったいんだけど、なんだかこの曲では丸山以外がセンターなんてありえないとさえ思えちゃうのがすごい。
他のメンバーが丸山を囲んで、まるで横山ソロの時のようにあったかい。

素敵だなー、関ジャニ∞。
B0096H9PMM ボーイズ・オン・ザ・ラン DVD-BOX
ポニーキャニオン 2012-12-19


⇒ Blu-rayはこちら
あ。今回のツアーは、私名義は広島行きにしました。
先日までエイターとしての熱が下がっていたこともあり、名義がつぎ込めるほどないんですよね。
他の場所は、当落出てから探そうと思っています。

拍手[24回]

PR
※コメントはご自由にどうぞ。
(承認後に公開。「名前(HN)」でないコメントは非公表にします。)
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※「非公開希望」明記=シークレットモード
関ジャニ∞関係・セールス予約
最新記事
  • Follow me!
茶々のつぶやきまとめブログフォロワーつぶやきまとめ
  • コメント・アーカイブ・RSS
[11/10 かな]
[09/21 ゆき]
[06/27 usya]
[06/26 みお]
[03/27 えりりん]
過去記事を探す
Copyright (c) 新・無限星への手紙 All Rights Reserved.

Graphics R-C free web graphics*material 工房たま素材館
忍者ブログ [PR]