忍者ブログ
Admin*Write*Comment
新・無限星への手紙
ジャニーズ(主に関ジャニ∞)とジャニヲタに愛ある毒吐きまくりブログ。
赤字注意書きのある猛毒劇辛記事は自己責任でお読みください(クレーム受付しません)。
※このブログのタイトル及び記事すべての著作権は、管理人茶々にあります。
転載希望の方は実行される前にご報告下さい。(URL明記での引用、通常リンクはご自由に♪) 

◆お知らせ◆メルマガ最終発行日:2011/10/9 1:35
メルマガが届かない人でYahoo!メール、Hotmailなどのフリーメールを
ご利用の方は、問い合わせの前に迷惑メールフォルダをご確認ください。
★管理関係★

(PCのみ・08/4/10~)
★リンク集★
[213]  [211]  [208]  [209]  [207]  [206]  [205]  [204]  [202]  [203]  [201
10/29取材、11/18発売と。
出版社もタイトだね~スケジュール。

びっくりするような対談があったようですね~
女性自身はチェックできてないのですが(どなたか読ませてくれる方、募集中です)、辻さんのブログを読んできました。(ブログはこちら

ほんとだ。本当に絶賛されてる・・・・・。
個人的に、ECHOESも好きじゃなかったし、特にECHOES終わりの頃から好ましく思えない人だったけど、文化人として広く一般に知られてる人に絶賛されることは、決してマイナスにはならないだろう。

ついでにものすごく久しぶりにJ-WEBも覗いてきました。
・・・丸山が喜んでる。
前向きに捉えてるように読めた。私まで嬉しくなる。
丸山に関しては、私の願望が現実になるんじゃないかとの噂が出回ってて、できることなら3月に青山で安田に、有楽町で丸山に会えることを今まで以上に祈らずにいられません。

ECHOESというバンドはすごかったけど、それを知っている世代じゃないすばるBANDメンバー。だからこそ余計に"伝説"を作ってきた人として、人生の先輩として、辻さんの言葉は力をくれたんだろうな。

アイドルというオブラートに包まれて誤解されてしまうことが多いあの子たちを、一人ずつきちんと見てくれたこと、嬉しかった。

女性自身を読んでの追記は続きへどうぞ。
ランキング参加中♪★JBR★
ぜひ1クリックお願いします!


4人にとって、とても"ロック"な対談となり、貴重なものになったようですね(しかし女性週刊誌上っていうのが・・・ちょっと残念だけど)。
(久々にジュディマリなんかを聴きつつ書いてますけどw)
何でも屋のアイドルだからこその無限の可能性を、彼らがちゃんと意識していること。
彼らの言う”ロック”は特に独りよがりになってしまう危ういものだと認識してるけど、仕事として何をしなきゃいけないかをわかった上で言ってるんだと信じてます。
本当に大人になった。コドモである部分は誰しも持ち続けていたいけど、本当に子供だったらまずいわけで。オトナでなく、ちゃんと大人になってるんだと・・・・渋谷なんかは音楽を通して感じ取れるんだけど、他の子たちも言葉として聞けたことは嬉しく、未来が楽しみになりました。

大人の事情で流されたくないと丸山が言ってたのは、彼らしいと思いつつ、未成熟で成長過程にいるからこそ、そんな政治的なものに流されることも新たな考えを生むんじゃないかとは思ったんですけどね。

最後に辻仁成(つじ・ひとなり)さんについて説明があるとありがたいという意見がありましたので、私の記憶にあることを書きます(正確に詳細が知りたい方は自分で調べてください)

彼は今から20年ほど前、ECHOES(エコーズ)というバンドで活動されてた人です。楽曲はゴリゴリロックではなく、ニューミュージック系ロックで、歌詞は世論的メッセージの強いものが主流でした。(この頃はつじ・じんせいという名前だった)『Lovin' you forever』という最後の方の曲がかなりヒットした記憶があります。
活動途中で作家になってしまい後に解散したので、若い人は「中山美穂の旦那である作家」としてしか知らないだろうけど、エコーズを知る人は皆、作家デビューには度肝を抜かれたものです。
割と近年、『愛をください』というドラマで菅野美穂がストリートで歌っていた曲が、エコーズの『ZOO』という曲でバンド名が再浮上したこともありました(いい曲で、複数カバーされてます)。
辻さんが世間にやんや言われてしまうのは、彼の極度なナルシシズムのせいです。エコーズ後期から大全開になり、作家になってから余計に目立つようになったんでしょうね。
(私が苦手なのは、そういう部分が作品に出すぎるところなんですが)
この人の人柄を愛せる人であれば、作品も愛せるはず。作品のクオリティはしっかりとしているのに、その人柄で嫌悪されてしまう・・・というところが往々にしてあります。

BEST OF BEST BEST OF BEST
ECHOES 辻仁成


エコーズの曲のベスト盤

 
 
右岸 右岸 (『冷静と情熱のあいだ』続編)
辻仁成

辻仁成関連作品
左岸(江国香織が書く女性サイドの話し)
夕闇の川のざくろ (ポプラ文庫 え 1-1)
竹取物語
明日の約束 (文春文庫 (つ12-5))
ふりむく

拍手[1回]

PR
※コメントはご自由にどうぞ。
(承認後に公開。「名前(HN)」でないコメントは非公表にします。)
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※「非公開希望」明記=シークレットモード
  • 辻氏について。
くろうさぎ 2008/11/24(Mon)20:15:47 編集
こんにちは、くろうさぎと申します。

辻氏に関する文章、すごく参考になりました。バンド活動が先だったんですね。茶々さんもおっしゃっているように、彼のナルシスト気質がどうも合わなくて(苦笑)どうせ作家で売れて、調子乗ってバンドしてるんでしょーとか思っていたのですが、ちゃんとしたバンドマンが先立っていたのですね。先入観で何も知ろうとしないって、やっぱりダメですね。

ブログいつも興味深く拝見させてもらっています。
頑張ってください。

失礼します。
  • 無題
o-can 2008/11/24(Mon)23:19:15 編集
メールさせて頂きましたので、こっちは削除します。
関ジャニ∞関係・セールス予約
最新記事
  • Follow me!
茶々のつぶやきまとめブログフォロワーつぶやきまとめ
  • コメント・アーカイブ・RSS
[11/10 かな]
[09/21 ゆき]
[06/27 usya]
[06/26 みお]
[03/27 えりりん]
過去記事を探す
Copyright (c) 新・無限星への手紙 All Rights Reserved.

Graphics R-C free web graphics*material 工房たま素材館
忍者ブログ [PR]