忍者ブログ
Admin*Write*Comment
新・無限星への手紙
ジャニーズ(主に関ジャニ∞)とジャニヲタに愛ある毒吐きまくりブログ。
赤字注意書きのある猛毒劇辛記事は自己責任でお読みください(クレーム受付しません)。
※このブログのタイトル及び記事すべての著作権は、管理人茶々にあります。
転載希望の方は実行される前にご報告下さい。(URL明記での引用、通常リンクはご自由に♪) 

◆お知らせ◆メルマガ最終発行日:2011/10/9 1:35
メルマガが届かない人でYahoo!メール、Hotmailなどのフリーメールを
ご利用の方は、問い合わせの前に迷惑メールフォルダをご確認ください。
★管理関係★

(PCのみ・08/4/10~)
★リンク集★
[563]  [562]  [560]  [559]  [558]  [553]  [557]  [555]  [554]  [552]  [551
別にファンだとかどうとか言いたいわけではなく、少クラプレミアムを観ての感想的なものです。

と、その前に・・・

少年隊のかっちゃん、髪、デコ、どうしちゃったの、それ!
てか、ものすごいオジサンっぷりで、マッチの方が若く見えるほど・・・。
(あのおでこで激しいオールバック&スタンドは、逆に勇気あるなぁと思えるわ)

では、マッチへの手紙。
私の世代から上の人にしかわからないかもしれないけど・・・興味がある方は続きへどうぞ。

マッチ様

少年倶楽部プレミアムでの懐かしい映像と共に、あの頃を思い出し筆を取らせていただきました。

私の部屋に最初で最後のポスターが貼られたのは、あなたのものでした。
ちょうどレースで左頬(?)に怪我をされ、それをトレードマークのようにされていた頃のもので、アイドル雑誌の付録になっていた縦長のものです。

あの頃は「アイドルはトイレに行かない」と言われた時代でしたね。
『愚か者』の時、23歳(1987年)だったという事実に驚愕・・・スキャンダルはご法度だった時代に中森明菜さんとペアを組み、それがプライベートでの縁に繋がり、いろいろ事件もありました。そして結婚したのも30歳の時。
今の現役トップジャニーズで考えたら、ありえないことだらけだと思います。

今の若いジャニヲタでは考え付かないであろう、あの頃のアイドルの扱われ方。
あの頃は今ほど音楽ジャンルもなく、歌手と言えばアイドルかフォーク、演歌・・・歌謡曲とニューミュージックというグレーなジャンルもありましたっけ。だからこそ、今ほど「アイドル」に対する偏見がなかった時代かもしれません。

思えばジャニーズへの偏見が生まれてきたのは、光GENJIの頃からでしたでしょうか。世の中に多種多様な芸能人のカテゴリーができてきた頃かと思います。ロックが流行り初め、バンドブームが到来し、海外のアイドルグループ「New Kids On The Brock」の登場などがあり、選択肢が一気に広がったことが大きな要因かと思います。それまでアイドル扱い必須だったチェッカーズや小泉今日子などがアーティスト路線に切り替え始めた時期でもありました。ジャニーズでは男闘呼組が登場したりもしましたね。

Mathcyとして復活した今、あなたは現代の時代の流れを汲みつつ、やはりマッチの貫禄を漂わせているところを見ると、果たして今のジャニタレにあなたのような人がいるとはとても思えません。

感動にも近い、そして若いジャニタレを見守る一ファンとなった私にとって、尊敬にも値する気持ちが芽生えております。

マッチ様、あなたは死ぬまで現役トップアイドルだと思います。
あの頃のトップアイドルでそういえるのは、あなたと松田聖子さんぐらいかと。
そこまで突き詰められてここまでこられたことを、心からレスペクトします。

私もそんな風に年を重ねて行けたらと思います。

これからも影ながら応援しております。

乱文にて失礼致しました。

茶々

拍手[24回]

PR
※コメントはご自由にどうぞ。
(承認後に公開。「名前(HN)」でないコメントは非公表にします。)
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※「非公開希望」明記=シークレットモード
  • 元マッチ担です。
ぐり 2010/04/12(Mon)22:26:54 編集
約20年前まで5年くらいマッチ担でした。
クラスのほとんどが光Gで誰が好きかという話に終始する中
一人一回り上のマッチに夢中でした。

アイドルファンとしては一番つらい時期に好きだったので
中学生には耐えきれず降りてしまったのですが
あの頃のマッチを考えたら、最近のゴシップなんかでは動じないです(笑)
(プリズナーって歌があるんですけど、歌詞が私的すぎてビックリしますよ)
周りが明星だの買ってる時に、一人週刊女性やレース雑誌を買ってましたね~>80年代末期

でも存在感、雰囲気含め彼を越せるタレントは出てこないでしょうね。
無茶苦茶やって、愛されて、自分の好きなことを貫いて、それで最終的にマッチであることに落ち着いた現在が一番輝いている気がします。


なお、その後マッチからニシキに降り、忍者だったのですが
今エイト好きなのは、ジャニヲタの総決算だと思っています。
共通点はラジオが得意なアイドルだという…
  • Re:元マッチ担です。
茶々 2010/04/24 04:02
>アイドルファンとしては一番つらい時期に好きだったので
>中学生には耐えきれず降りてしまったのですが
>あの頃のマッチを考えたら、最近のゴシップなんかでは動じないです(笑)

そうですよねー。記憶に残ってます。
ちなみに私は今も動向は追ってるくらい、中森明菜の大ファンでした(笑)

>(プリズナーって歌があるんですけど、歌詞が私的すぎてビックリしますよ)

興味が出て、どんな歌詞なのか検索したけど見つからず・・・

余談ですが、松田聖子さんの「STAR」って曲もそんなかんじです。
「星の数ほどの恋歌があるけど 歌う私には 愛し合う自由もないのよ」
松本さんが歌詞をつけたのですが、本人がラジオでそのことを「松本マジック(歌いたい歌詞をつける)」と言ってたような・・・

マッチもトシちゃんもそうですけど、ピンであそこまでって人は、あのアイドル豊作時にもなかなかいませんよね。
それこそNEWSと掛け持ちが一番ハードだった頃の錦戸にだって全然負けないほどのハードスケジュールをこなしてた。

プロ意識の高さは半端じゃなかった。
みんな、マッチのつめの垢を飲ませてもらったらいいさ、とさえ思ったり(笑)

今のマッチは文句なしにかっこいい。
あんな45歳なら、、、、、(以下自制
関ジャニ∞関係・セールス予約
最新記事
  • Follow me!
茶々のつぶやきまとめブログフォロワーつぶやきまとめ
  • コメント・アーカイブ・RSS
[11/10 かな]
[09/21 ゆき]
[06/27 usya]
[06/26 みお]
[03/27 えりりん]
過去記事を探す
Copyright (c) 新・無限星への手紙 All Rights Reserved.

Graphics R-C free web graphics*material 工房たま素材館
忍者ブログ [PR]